DESIGN PALET

デザイン・イラストを生業としながらのんびり生きています。気になったことやインプットしたことを、のんびりアウトプットしていきます。

本丸に源氏兄弟がやってきた...!

な、なんと、うちの本丸に、源氏兄弟が降臨しました!!!1日で兄弟が揃うなんて夢でも見ているのでしょうか・・・。

兄者ーーーーーー!! f:id:asutea08:20161002205926p:plain

弟者ーーーーーー!! f:id:asutea08:20161002210059p:plain

目を疑いました\(^o^)/

実は刀らぶには完全に飽きていて、だいぶ放置していたのですが・・・
10月からのアニメ化の影響でマイブームが再熱したので、短刀たちのレベリングもかねて戦力拡充計画のイベントをひたすら周回してたんですよ。

まぁ、そもそもこのイベントをクリアできるほどレベルがなかったので、各ステージでのレア刀剣ドロップは眼中になくて、レベリング目的でぽちぽちやっていました。(池田屋もまだ未攻略なので。。。)

が、テレビ見たり絵を描いたりする片手間に地味に毎日やってるうちに、捜索演習は1〜2名が軽症になる程度で攻略できるように。しかも思いがけず、明石国行もドロップ!

これは不動くんと貞ちゃんも狙ってみる価値あるかも・・・
と、淡い期待を胸に捜索演習のマップをぽちぽちやっていると・・・・

兄者が来た!!しかもココ!!普通のマスで!!
こんなことってあるんだなー、ツイてるなー!と思っていたら、次の周回のときにまた!兄者と同じ、ココのマスで!今度は弟者が!このマスなんなんでしょう。神マスなんでしょうか。 f:id:asutea08:20161002215323p:plain

膝丸「ここに兄者は来ていないか?」
ええ、来てますよ、ついさっき来ましたよ。兄者を追いかけてくる膝丸、なんて健気なの・・・。

やっぱり物欲センサーってあるのかもですね。
源氏兄弟はレベルアップでレア度が変わる唯一の刀っぽいので、二軍で大事に育てることにします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

踏み出す1歩がとても大変

今回の3連休中、初日は昔の仲間と久しぶりに飲みに行ったり自分のケアをしたり、デッサン教室に行ったりして、2日目、3日目は家に引きこもってひたすら絵を描いていました。
充実しすぎてたので、明日の出勤もそんなに嫌じゃないです(笑)ゲンキンな自分(笑)

しかし、学生の頃は1日部屋にこもってたら2~3枚は絵を書き上げていたのに、いまは2日で1枚しか描きあげられませんでした。
自己満で描く絵を卒業して、もっとたくさんの人に見てもらう絵を意識していこうと思っているから、どうしても1枚1枚に時間がかかる。。。でもそれはもうコツコツやっていくしかないので。片手でポチポチ刀らぶのレベリングやりながら、頑張ることにします(笑)

というわけで、3連休中の成果。獅子王ちゃん。

【刀剣乱舞】「獅子王」イラスト/asutea [pixiv]

小狐丸の下絵と、鶴丸さんのラフと、兼さん&国広くんのラフもできてるので、引き続きコツコツ進めていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お絵かきソフト Medibang Paint を使ってみた

お絵かきするときは基本的にアナログなわたし。 ですが、時代の流れ的にデジタルもできたほうがいいよなーって思うのと、デジタル特有の表現が使えたら、もっとお絵かきが楽しくなるだろうなー、ということで、地味にペンタブの練習もしています。 そこで悩むのが、なんのソフトを使うかってことです。

わたしは普段仕事でPhotoshopをメインに使ってデザインをしているので、今のところ、線画=CLIP STUDIO、着色=Photoshop、がいちばん使いやすいと思っているのですが、他のソフトはどうなんだろう?という興味本位でMedibang Paint を使ってみました。

Medibang Paint

medibangpaint.com

仕事柄、圧倒的に家にいる時間が短いため、ざっくりでもいいから外でも絵を描きたいなーと思うことが多いので、スマホでできるお絵かきソフト無いかなーと探していた時に見つけたのがこれ。
スマホの画面はこんな感じです。
f:id:asutea08:20160828005623p:plain

・レイヤー管理ができる
・ブラシの種類が豊富
・CLIP STUDIOとほぼ同等の機能がある
・漫画のトーンや背景の素材がある

ざっくり使ってみた感想でいいなーと思ったのはこんなところでしょうか。ちなみに、指で描くのは苦手なのでスマホ用のペンを使って描きましたが、ちゃんと感知してくれていい感じです。

そしてこれをPCで開くとこんな感じです。
f:id:asutea08:20160828005054p:plain

スマホで描いたものの続きをPCで編集できる!スマホよりも画面が広いぶんブラシの選択などが使いやすいUIになっています。描き心地もCLIP STUDIOとそんなに大きく変わらないんじゃないかな?
なにより動きが快適。サクサク動いてくれます。おそらくCLIP STUDIOに比べて機能が限られているんだと思いますが、線画ツールとして使うにはこれくらいで十分です。無料ソフトなので、もう少しじっくり使ってみようと思います。

この他、CLIP STUDIOと連携しているアイビスペイントもちょっと気になっているのですが…比較できるように、まずはMedibang Paint をしばらく使ってから試してみようと思います。アップデートが入ったら使い心地も変わるし、自分に合ったソフト選びって奥が深いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

キニナルデザイン0822

会社のクーラーの調子が悪くて、暑くなったり寒くなったり、1日の温度変化がありすぎて風邪ひきそうです。文明は便利だけど、コントロールできなくなったとき(壊れた時)はかなりしんどいですよねー。 さて。日付変わってしまったけど、今日のキニナルデザインです。

The Chinese Lives of Uli Sigg コーポレートサイト

www.ulisiggmovie.com 海外のフォトグラファーのサイトですかね?英語がダメなので、内容がよくわからないのが悔やまれる…。 とりあえず内容は置いとくとして、左サイドのグローバルナビの見せ方がうまいなと思いました。
ここ数年は縦長のデザインが一般的になって、ストーリー立てて作られているwebサイトは見ていて楽しいなと思うのですが、いかんせん、今いる場所がわからなくなることってありますよね。
わたしはスクロールした先にどんな情報が続いているのか、なんとなくでも知っておきたいと思うので、ナビゲーションがなくスクロールさせられるサイトはモヤモヤするというか…見てないページがあるんじゃないかなとか、無駄に不安になったりもします(笑)

その点、このサイトではスクロールに合わせてグローバルナビがアニメーションするので、とってもわかりやすいです。
ちょこちょこっと動かすのではなくて、思い切りしっかり動かすのがポイントですね。最近アニメーションの発想がマンネリしがちなので頭に入れておこう。

DRAFT Inc. コーポレートサイト

draft.co.jp 今度は日本のサイトです。ほっ。←
インテリアデザイン会社のコーポレートサイトらしく、手書き風文字のアニメーションがおしゃれですね。ランダムなレイアウトと文字のバランスも心地よくて、雑誌を読んでいるようです。
背景に敷かれた色ベタは、画面の引き締めとセクション区切りの役割でしょうか。無駄がなくてきれいにまとまっているのにしっかりユーザーに響く。そんなデザインだと思います。ランダムなレイアウトはホワイトスペースの取り方が難しいので、このサイトはぜひじっくり研究したいところです。

RINGO ショップサイト

ringo-applepie.com これはもう、とにかく美味しそうでお腹がすくサイトです。いい写真を活かしたサイトの決定版という感じですよね。
赤は危険色でもあるので使うのが難しいのですが、りんごの赤とうまくかけあわせてシズル感が演出できているなと思います。よく見ると、赤ベタの上には丸い模様とうっすらテクスチャが乗っているような。こういう細かいところで、デザイン力って試されるんだろうな…。メモメモ…。

やっぱり惹かれるデザインや気になるデザインには、ちゃんと細かい工夫がされているものですね。 今日はビジュアルやアニメーションを重視してサイトを見ていたので、次回はサイト構成やUI的な部分にも着目して見ていこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本質を捉える目を養うということ

美術手帳8月号のテーマだった「キャラクター育成論」。
わたしは3DCG、VRに関しては全然知識がないんですが、モーションキャプチャーを使ったリアルな動きや表情は、率直にすごいですよね。

美術手帖 2016年8月号

美術手帖 2016年8月号

ゲームやアニメでもモーションキャプチャーは普通に取り入れられていて、ここ数年のクリエイティブ業界にはリアリティが強く要求されているのかな〜と思います。
pixivはじめ、お絵かきサイトにもべらぼうにうまい絵がたくさん投下されていて・・・ しかも描いてるのはすごく若い方だったり・・・!

やっぱり人に見てもらうことを意識した絵を描きたいのであれば、基本的なところは抑えておかないといけないんですよね。もちろんデザインを作る時も。どんなにいい絵が描けても、良いデザインができても、基本的なところを外してしまうと良さが半減する。なんか変だなという違和感に繋がる。最近はいい作品が増えて一般人の目も肥えているから、特にそうだと思います。
デザインの仕事に就いてから、「物事の本質を捉える目を養う」って、すごーく大事なことだなーと痛感しています。

そんなわけで、最近は静物デッサンをやりつつ、人体の構造についても勉強しているのですが、A.ルーミスの本がすごく参考になるという意見を見つけまして。 ちょっとだけ中身を試し読みしたのですが、今のわたしには何がなんだか・・・ちんぷんかんぷん。 でも、今は理解できなくても、点と点が繋がる日が絶対来ると信じて勉強するのみです。

デザインも、絵も、模写。模写。今日も明日も、ひたすら頭を使いながら模写。模写。
頭で考えながら手を動かす模写が、上達のための第一歩!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村