DESIGN PALET

デザイン・イラストを生業としながらのんびり生きています。気になったことやインプットしたことを、のんびりアウトプットしていきます。

お絵かきソフト Medibang Paint を使ってみた

お絵かきするときは基本的にアナログなわたし。 ですが、時代の流れ的にデジタルもできたほうがいいよなーって思うのと、デジタル特有の表現が使えたら、もっとお絵かきが楽しくなるだろうなー、ということで、地味にペンタブの練習もしています。 そこで悩むのが、なんのソフトを使うかってことです。

わたしは普段仕事でPhotoshopをメインに使ってデザインをしているので、今のところ、線画=CLIP STUDIO、着色=Photoshop、がいちばん使いやすいと思っているのですが、他のソフトはどうなんだろう?という興味本位でMedibang Paint を使ってみました。

Medibang Paint

medibangpaint.com

仕事柄、圧倒的に家にいる時間が短いため、ざっくりでもいいから外でも絵を描きたいなーと思うことが多いので、スマホでできるお絵かきソフト無いかなーと探していた時に見つけたのがこれ。
スマホの画面はこんな感じです。
f:id:asutea08:20160828005623p:plain

・レイヤー管理ができる
・ブラシの種類が豊富
・CLIP STUDIOとほぼ同等の機能がある
・漫画のトーンや背景の素材がある

ざっくり使ってみた感想でいいなーと思ったのはこんなところでしょうか。ちなみに、指で描くのは苦手なのでスマホ用のペンを使って描きましたが、ちゃんと感知してくれていい感じです。

そしてこれをPCで開くとこんな感じです。
f:id:asutea08:20160828005054p:plain

スマホで描いたものの続きをPCで編集できる!スマホよりも画面が広いぶんブラシの選択などが使いやすいUIになっています。描き心地もCLIP STUDIOとそんなに大きく変わらないんじゃないかな?
なにより動きが快適。サクサク動いてくれます。おそらくCLIP STUDIOに比べて機能が限られているんだと思いますが、線画ツールとして使うにはこれくらいで十分です。無料ソフトなので、もう少しじっくり使ってみようと思います。

この他、CLIP STUDIOと連携しているアイビスペイントもちょっと気になっているのですが…比較できるように、まずはMedibang Paint をしばらく使ってから試してみようと思います。アップデートが入ったら使い心地も変わるし、自分に合ったソフト選びって奥が深いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村